建築費・建材の値上げでRC建築費もアップ

不動産投資がしやすい立地

本記事は公開1~2ヶ月前に配信した不動産投資メルマガの抜粋です。

原材料や物流費の高騰が、建材・建築コストにも波及してきました。

直近ではウッドショックが話題になりましたが、内装工事、設備工事の値上げが加速する見込みです。

またRC造の建築費も着実に上昇しており、平成23年を100とした場合、現在は130と3割高くなっています。

ますます中古RCへの投資ニーズは高まっていくものと見られます。社会全体としても、リノベーション・リフォームによる既存ストック活用が求められていくと考えます。

【出典:2021年10月21日 日経新聞】
【出典:建設物価建築費指数 2021 年9⽉分】
目次
閉じる