東京海上から不動産買収保険が登場

東京の収益マンション

本記事は公開1~2ヶ月前に配信した不動産投資メルマガの抜粋です。

東京海上日動火災保険は不動産投資ファンドや不動産会社向けに、不動産の買収リスクを補償する保険を販売すると発表しました

不動産取引保険(表明保証保険)の販売開始   

https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/220114_01.pdf

不動産の買主が本保険の被保険者となり、不動産売買契約書に規定される表明保証に違反が生じたことによって、買主が被る損害に対して保険金を受け取れる商品です。

法令違反は双方で見解が異なったり、損害時までに売り主のファンドが解散・倒産したりするリスクがあるため、売り主から十分な賠償を受けられない事例が多いという背景があります。

支払限度額を5億円に設定した場合、保険料は年250万円~500万円程度とのことです。

この商品はプロ向けの商品で大型案件をターゲットにしていますが、保険の適用が広がれば他社ブランドや個人向けの商品など、新しい商品が出て価格も下がるかもしれません。

目次
閉じる