【40代・1億後半】外資系企業勤務/K様のご相談事例

1億円台後半・築29年
一棟RCレジをご購入

Kさんは誰もが名を知る外資系企業にお勤めで、令和2年のご年収は5,000万円近い超エリートサラリーマンです。節税用の築古木造アパートを一棟ご購入されましたが、「節税ありきで物件を探すよりは、自分の納得する物件を資産として保有したい」というご希望があり、弊社にお問い合わせいただきました。たまたまお住まいと同じ市内に弊社の売主物件があり、ご購入をご検討していただきました。

担当・中原

一棟マンションのご購入を検討された理由を教えてください。

ご相談者

保有資産が外国株式に偏っており、その一部を不動産に切り替えたいと思ったからです。

不動産投資の始めの一歩は築古の木造アパートを購入したのですが、あくまで「節税するための物件」という印象が強く、このような物件を買い進めていくことはあまり気が乗りませんでした。

そのため自分が納得できるような物件を資産として保有していきたいと考えるようになり、「資産管理法人を立ち上げて適切に利益を出しながら一棟マンションを保有する」ことを目指そうと思いました。

担当・中原

物件の紹介をプラン・ドゥに依頼した理由についてお伺いできますでしょうか。

ご相談者

現在担当してくださっている中原さんから、お電話いただいたことがきっかけです。ちょうど代表の方が書かれた書籍を読んだ直後であり、かつ私のよく知っているエリアで求めていた規模の物件をご紹介いただいたなどタイミングも良かったです。

ただアパートを購入してからほとんど日が空いていなかったため、個人的に次の融資を受けるのが難しいと考えていました。

ですから今の状況でどんな金融機関さんからどう融資を受けてどのように取り組めば良いのか、という点までアレンジしてくださったプラン・ドゥさんはとても心強かったです。

担当・中原

物件の購入に至った一番大きな理由は何ですか?

ご相談者

自分が納得できるまでとことん物件の状況をご説明頂いたり、融資条件の交渉をしてくださり、安心して物件の購入を決断することが出来たからです。

今回は表に出る前の案件をご紹介いただいたこともあって、「スピード勝負でとりあえず買いに行く」というスタンスではなく、「とことん自分が納得するまで検討する」ことができました。

またその検討にあたっても、担当の中原さんが何度も物件現地や金融機関との交渉の場に何度も足を運んでくださりました。現地を見ないで物件を進めてくる不動産業者もいる中で、とても誠実に対応していただけました。

担当・中原

これからの不動産投資・資産運用における目標を教えてください。

ご相談者

今回お世話になった金融機関さんから融資を受け、今回立ち上げた資産管理法人で、あと1棟か2棟はRCの物件を購入していきたいと思っています。

また、買った物件は長く持ち切りたいと思っているため管理面にも注力したいです。

今回購入した物件は中原さんが管理の窓口も担当してくださっているため、売買・管理共にプラン・ドゥさんにはお世話になると思います。

この事例を担当したのは
コンサルタントの中原です

目次

中原 駿

出身千葉市稲毛区
経歴一橋大学社会学部卒業後、株式会社プラン・ドゥに入社。
入社以来一貫して「中古・郊外・RC・一棟」物件の 売買仲介や不動産コンサル業に従事し、 相対した投資家様は50人以上、取引総額は15億円を超える。 言われたい言葉は「あなたのおかげで」。
趣味音楽フェス/ライブ
資格宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士
目次
閉じる