本記事は公開1~2ヶ月前に配信した不動産投資メルマガの抜粋です。

    6月から東京都の固定資産税と都市計画税の支払いに、PayPayとLINE Payによる請求書払いが対応可能になりました。

    支払い手段の多様化というメリットもありますが、一番は手数料がかからず、ポイント還元があるということです。30万円以内の納付書が条件ですが、4回に分けて分納することでメリットを享受しやすくなると思います。

    仮に30万を支払って3%のポイント還元の場合ですと、約1万円の還元となり毎年支払税金ということを考慮しますと無視できない金額になります。

    税金を支払ってポイント還元というのは少し違和感がありますが、キャッシュレスを推進する方針の中で今後もますます広がっていくと考えます。

    目次
    閉じる