2025年、空飛ぶ車の運航開始

不動産投資向けのマンションが多いエリア

本記事は公開1~2ヶ月前に配信した不動産投資メルマガの抜粋です。

駐車場最大手のパーク24が

2025年に空飛ぶ車の離着陸拠点をつくり運航開始を目指している

とのニュースがありました。すでに英国企業など国内外3社と覚書を交わしたとのことです。

出典:2022年5月27日 日経新聞

国際博覧会(大阪・関西万博)が開かれる25年からの運航を目指し、万博会場となる人工島「夢洲(ゆめしま)」を空路で結ぶ計画で、関西圏の駐車場内に機体の発着場を新設する方針です。

空飛ぶクルマ事業に日本の駐車場大手が参入するのは初めてですが、日本では国土交通省が現在、国際標準に沿う形で離着陸拠点の整備要件の議論を進めています。

欧米ではすでに米連邦航空局や欧州航空安全機関などが、空飛ぶクルマの離着陸拠点の設計に必要なガイドラインを策定しており、パーク24はまず欧米のガイドラインを参考に整備を進めていく見込みです。

離着陸拠点として約3000平方メートルの広さが必要とされており、実用化に向けた課題はありますが、本格的に実用化されれば、車の完全自動化と併せて既存の交通網を変える可能性もあると感じます。

目次
閉じる