基本方針

私たちは「新富裕層」のお客様に向けて、
不動産を活用した資産形成のサポートを行っています。

不動産会社というよりは
「資産コンサル」「プライベートバンク」に近いイメージを抱いていただければ幸いです。

プラン・ドゥの基本方針

本業と資産形成の両立をサポート

本業に軸足を置いたまま不動産経営をしたい・資産形成をしたい。(←→決してプロの専業大家になりたいわけではない。)

そんな新富裕層の願いを叶えるために、金融リテラシーの高いコンサルタントを窓口に、高品質の不動産経営をバックアップします。本業に忙しい方々(外資系企業勤務・経営者・医師・弁護士などの皆様)にストレスをかけない不動産経営・取引の実現をお約束します。


与信を守り中長期の資産形成を図ります

私たちの方針は、真っ当な不動産経営で利益を出し続けることです。節税目的ではなく、資産拡大のための不動産投資です。

また綺麗な決算書を作ることで金融機関から高い与信を得られます。それによって融資を引く力が一層高まり、中長期の資産形成を有利に進めることができると確信しています。


資産性と収益性のバランスを重視します

中長期保有しても資産性(≒売却価値)が落ちにくく、その割に高い収益性(≒利回り)を維持できる物件のみをご紹介しています。一発逆転の投資ではなく、ローリスク・ミドルリターンの安定した不動産経営を推奨しています。

具体的には「中古郊外RC」こそが新富裕層に最適と考えます。そのため弊社は業界で唯一「中古郊外RC」を軸にした売買・賃貸管理を行っています。